マッチングアプリでオフパコするためには、

そもそものアプリ選び
あなた自身のテクニック
 

の掛け算が結果として現れる。

それぞれをもう少し細かく見ていくと、

アプリ選びの方法としては

  • アプリの会員数
  • 若い女の子が多いかどうか

テクニックに関しては

  • ファーストメッセージの送り方
  • やり取りの内容
  • デートの取り付け方
  • 実際にセックスするまで

といったことが考えられる。

選び方については「マッチングアプリで会えないのは何がいけないの? 会うために必要な3要素とは」でも補足している。

以下から具体的にそれぞれ見ていこう。

セックスしやすいマッチングアプリの選び方

基本的に長く続いていて歴史があるアプリは出会いやすい。

実際に実績があるため、長く運営していけているためだ。

運営するためにも会社は広告費などを費やさなければいけないので、それだけ歴史があるアプリは出会いやすいと言える。

逆に1年未満など最近ぽっと出のアプリはまだ評判が固まっていないため、あえてリスクを犯して使う必要はないだろう。

具体的なアプリは以下の記事を参考にしてほしい。

若い女の子が多いかどうか

次にマッチングアプリを選ぶ基準として、若い女の子が利用しているかどうかという点が挙げられる。

見極める方法としては、Twitterの広告に出稿しているかどうかというところがポイント。

出会いアプリの広告がTwitter上で流れてくることもあると思うが、そういった若者向けのSNSに広告を出しているアプリは若い女の子の比率が比較的高いと思って良いだろう。

※別にTwitterでなくてもかまわないが、インスタでも広告があるならば若い子向けにアプリの広告を出しているはず。

詳しくは「「女子大生」「専門学生」のセフレをつくるにはアプリがおすすめな理由」のページも参考に。

ファーストメッセージの送り方

まずはやり取りできる人を増やすためにメッセージを送っていく。

前提として打率の感覚値は

返信率2,3割  

そこからLINEやカカオトークに移行できるのは

さらに半分以下といったところ。

月額制のアプリの場合には、マッチング率1割といったこともある。

ここは写真やプロフィールの設定によってそれぞれ打率が変わってくるところ。

最初のメッセージ内容に関しては、

挨拶&相手のどこに興味を持ったか

といったことを織り交ぜて送っていく。

この時、自分との共通点を見つけて話題に絡めていくことで関連性が高い人物と見してもらえることができる。  
たとえば、野球観戦が趣味の女の子に球場観戦もしたことがない男がメッセージを送っても上手くいく可能性は限りなく低いということだ。

最初は返信に時間がかからないように短文で送ってあげると返信率が上がるかも。

やり取りの内容

内容として、目的がセックスであるならば早めに下ネタに持っていくべきだ。

「最近いつエッチしたの?」
「どんな体位が感じる?」

こういった質問に拒絶反応を見せる理由としては、

  • そもそも下ネタが嫌い
  • 下ネタを振るのが早すぎた

のどちらか。

もし前者ならば時間を無駄にせず済んだと安堵すべきだし、後者なら精度を上げていくために試行錯誤していこう。

いきなり下ネタを振るのはさすがに文脈的におかしくなるので、元カレの話→恋愛の話→下ネタと相手の様子を見ながら少しずつ深掘りしていこう。

デートの取り付け方

連絡先を先に聞いてしまうのはNG.

大事なことなのでもう一度言うが、先に取り付けるべき約束はデートであり、目的(デート)のために手段(連絡先交換)があるということを念頭に置いておこう。

 

  1. デートどこ行きたい?
  2. 水族館いいね!
  3. ここじゃメッセージ流れちゃうしLINEでやり取りしよっか
  4. ID教えとくね

この流れが最も違和感が少なく済む。

実際にセックスするまで

ボディタッチが重要な要素となる。

具体的な流れに関しては以下の記事にまとめた。

流れを書くと、

居酒屋→ボディタッチ→雰囲気づくり→ゴールといった感じ。

雰囲気を確かめるには手を繋いで相手の反応を見るといった方法がおすすめだぞ。

マッチングアプリでセックスする方法まとめ

手短になったが、以上がマッチングアプリで女の子を抱くまでの一連の流れとなる。

マッチングアプリで女の子を抱くイメージができれば、あとは数をこなすことで抱けるまでの最短ルートが辿れる。

どのアプリを選んだら良いか分からないという場合には、最近マッチングアプリとして売り出している「ハッピーメール(R-18)」がおすすめ。

登録者数も累計1000万人を超えているし、小悪魔agehaやViViなど女性誌で取り上げられているアプリのため若い女子大生やOLが多い。

このアプリでネトナンをすれば、初心者でも比較的簡単にヤれる女の子を見つけることができると思う。

おすすめアプリについては「オフパコにおすすめのアプリ3選! どのアプリがオフパコ向き?」のページでも詳しく書いている。

ツイッターよりも出会えるマッチングアプリBEST3

こんな女子とも出会えちゃうマッチングアプリ。すべてに登録することで出会える確率が上がる。

1位 ハッピーメール(R-18)
 定期的なサービスチケット配布
2位 イククル(R-18)
 常にポイント2倍キャンペーンを実施しているため、2倍出会える
3位 ワイワイシー(R-18)
 婚活大手のIBJグループ運営のマッチングアプリ

これらのマッチングアプリで出会う手順

  1. 相手を見つける
  2. メッセージを送る
  3. ライン(カカオ)に誘導する

基本的にはこの3つのステップで出会うことになる。

1.相手を見つける

このステップでは自分好みの女の子を物色する。

方法として、多くのマッチングアプリでは以下の検索方法がある。

  • プロフィール検索
  • つぶやき検索
  • ログイン順検索

登録したて、ログインしたての女の子は狙い目である。

2.メッセージを送る

メッセージは以下のステップで攻略していく。

  1. 挨拶
  2. 好みの確認
  3. 誘導

 
2の「好みの確認」では、女の子のプロフィールページから好みを確認しよう。

多くのマッチングアプリでは、「興味があるもの」として女の子の趣味嗜好が羅列される。

そこで自分が突っ込めそうなものを選び、質問するのだ。

3の誘導では、大切な質問がある。

「彼氏彼女になったらめっちゃくっつき虫になるタイプでしょ?」

である。

常にイチャイチャしていたい、依存癖のある女の子はセックスもすんなり受け入れてくれるためである。

3.ライン(カカオ)に誘導する

あとはデートの日程を聞くためにラインでやり取りしようか?でOK。

アプリだとやり取りが流れてしまう、とラインかカカオに誘導していく。

場合によっては「写メ交換したいな」「会う前に通話で話しておこう」という訴求もあり。

1位 ハッピーメール(R-18)
 定期的なサービスチケット配布
2位 イククル(R-18)
 常にポイント2倍キャンペーンを実施しているため、2倍出会える
3位 ワイワイシー(R-18)
 ミクシィグループ運営のマッチングアプリ
おすすめの記事